人脈がものをいうフリーランスの世界

subpage01

フリーランスとして独立した際にとても重要なのが人脈です。たとえ実力がない方でも人脈を持っていればうまくやっていくことができることもあるのです。
フリーランスとしてのライフスタイルは自由で魅力的な一面がありますが、その反面人間関係においてはとてもシビアなものでもあるのです。企業に勤めていた際は上司や同僚との人間関係が面倒だ、と思っていたかもしれませんが、フリーランスとして働きだすとその人間関係よりも更に面倒な人たちと付き合わなければならなくなります。

この付き合いを蔑ろにしてしまうと仕事がなくなるかもしれません。



また、気を遣わなければならないのはクライアントばかりではありません。
自分の専門外の仕事が来た場合や、時間がなくて手が付けられない仕事を請け負ってくれるパートナーや提携業者との付き合いもしっかりとしておかなければ仕事を依頼したとしても引き受けてくれないこともあるのです。



そうなってしまうととても危険です。
仕事は進まないものの期限だけが迫ってくる、といった状況に追い込まれてしまうからです。

体を壊すほどのオーバーワークをしたとしても、クライアントが納得してくれる出来栄えになるとは限りません。
そうなってしまわないためにも、フリーランスとして働くのであればクライアントやパートナーとはしっかりとした人脈を形成しておくことがとても重要なのです。



これは企業内での人間関係構築よりもはるかに面倒で難しいものなのです。