フリーランスに求められるスキル

subpage01

フリーランスとは、サラリーマンのように会社に勤務し、雇われて働くスタイルではなく、個人で仕事を取り組む人のことを言います。

会社から仕事をもらい、それを日々こなしていくわけでも、チームで協力し合うわけでもありません。


仕事を自分で見つけ、全責任を負いながら一人で取り組まなければなりません。



そのため、助けてもらえるないので、個人としての高いスキルが求められます。
まず、仕事をこなすだけの実力が必須になります。
サラリーマンとして十分な経験を積み上げることで身につくので、サラリーマンにならず、いきなりフリーランスとして働くことは避けなければなりません。
数年間サラリーマンとして勤務し、ある程度仕事力が身についてきたら、今度はその力がフリーランスとして通用するかテストすると良いでしょう。



つまり、副業として取り組み、手応えを掴みます。

サラリーマンをしながらでも問題なく仕事をこなすことでき、しっかり収入を得られるようになれば、サラリーマンを退職し、フリーランス一本で働くと良いでしょう。

仕事力が身につけば、今度は信頼関係を構築する必要があります。


これは、期限以内に仕事を終わらせられているか、質の高い仕事ができているかなどがポイントになります。
信頼度を上げることで、報酬アップや次の仕事へつながり、フリーランスとして長く働けるようになります。
一度信頼関係が崩れてしまえば、同じ依頼者から仕事をもらえなくなるので注意が必要です。