フリーランスで働く人のためのスーツ

subpage01

自宅オフィスなどフリーランスで働く人は、基本的に毎日スーツを着て出社する必要はありません。


しかし、フリーランスの身分でもケースバイケース。



大勢の人が集まる会議の場や、新たな仕事を獲得しに行くためのミーティングの席、プレゼンの席などでは、時と場合によっては、スーツやオフィスカジュアルをビシッと着こなしている方が、取引先の印象が良くなる場合があります。

また、従者を連想させる服を、知識なく着続けた結果、出世コースから外れることも大いにあり得ます。

現在はフリーランスの身でも、就職時や就職活動時にスーツを購入した経験がある人なら、オフィスカジュアルの基本形は理解できるはずです。

ネクタイを取り、スーツの上着を脱いだ状態がオフィスカジュアルの基本です。



上から暖房や冷房を調節できるカーディガンを一枚羽織った時の服装も可です。
基本の形をあまり崩し過ぎると、コーディネイトが難しくなります。



フリーランスの身分でも、一着はスーツを持っていたいものです。


着る機会が少なくても、タンスの肥やしにならないように、時々着て出かけて体にしっくりするまでなじませることも重要です。


中に着るシャツは、白い無地のものを。

色や柄つきのものや奇をてらったデザインのものは、コーディネイトによっては野暮ったく見えてしまう場合があります。
スーツを買った店とは別の店でシャツを買ってしまうと、デザインが合わなくなる場合もあります。

それでは普段の職業が「バーのマスター」の人向けの、オフィスカジュアルとはいったいどんな服装をさすのでしょうか?「マスター」「ボス」は白のYシャツに、黒のスラックスです。

グレーやクリーム色でも貫禄がにじみ出ていれば可ですが、Yシャツが白で、スラックスの色が薄すぎては、コーディネイトの仕方によっては「マスター」「ボス」言われる人でも軽い印象を受けてしまうこともあります。

Yシャツが白、スラックスが紺だと「新入社員」のイメージ。


白のYシャツに、ベストに黒のスラックスですと「マスター」ではなく「ボーイ」「執事」の服装というイメージになります。

Yシャツが黒色でスラックスも黒でジャケットも黒ですと、チンピラや黒服やホストのイメージにつながってしまううえ、まだ上に統括している人間がいるような印象を受けてしまいます。
Yシャツでない、白の開襟シャツ、モノによっては襟元が決まらず、だらしない印象になってしまいます。